ジムニーの車外ラテラルロッドの信頼性、安全性についての疑問

↑私の車のリア側ラテラルロッド。(2004年の装着当時の古い写真ですが)

ジムニーではわりとポピュラーに交換されるサスペンションパーツとして「ラテラルロッド」

(パナールロッド)がありますが、最近、私の元にも相談が来たのですが、某社外ラテラルロッドが「街乗りで激しい走りをしてないのにいきなり折れた」「ピロボールやブッシュがすぐガタガタになる」というケースが目立ってきているようです。 どうも、ヤフオクなどで非常に安価な製品が売られていて、そういったノーブランド品や安物ではかなり、造りが粗悪で危険なパーツも多いようです。

↑某ヤフオクで売られている激安ラテラルロッドの溶接部分。 こんな見るからに肉盛りも足りず、熔接も充分に溶け込んでない「いい加減な素人溶接」では接合部が弱すぎていつ折れてもおかしくありません。 こんな危険な製品が市場に出回っていること、また、こんなものを平気で売っている業者がいること自体、私には信じられないことです。 きっと、ラテラルロッドにどのくらいの応力がかかるものなのかなどまったく計算せずにカタチだけ真似て作っているいい加減な製品なのでしょう。

また、長さ調整式ラテラルロッドではこの調整ネジ部から折れることもよくあるようです。

ラテラルロッドはただの「つっかえ棒」ではない

ラテラルロッドはサスペンションの横方向の位置決めと横方向の力を受け止める強度上重要なパーツなので、多少、価格は高くても信頼性のあるメーカーのものを選んでください。

それに、このラテラルロッドの出来がステアリングのジャダーやシミー発生の原因になっていることも多いのです。 実際「何をやっても収まらなかったハンドルジャダーがラテラルロッドを純正に戻しただけでピタッと収まった」という例もあるくらいですので。 ラテラルロッドはリジッドサス車にとっては重要なパーツなのです。

私のJA22に使っている「自作ピロボールラテラルロッド」

↑私の独自設計、製作の両端ピロボールラテラルロッド。

詳細はこちらを参照ください →ピロボールラテラルロッドの製作

私はこのラテラルロッドを製作するにあたって純正部品を切断、強度分析したうえで設計、使用する材質や熱処理、表面処理を決め、使用するピロボール(ロッドエンド)も航空機用の最高級品を採用し、純正をはるかに上回る剛性と強度を持たせて製作しました。

↑純正ラテラルロッドを切断し、パイプ内外径、溶接部の肉厚など調べ、最低限必要な強度を算出します。 仮に、材質強度を約40kg/mm^2と少し余裕を持って計算すると、パイプ部の引っ張り強度は約5.8トン、溶接部の強度は約4.8トンとなります。 これがひとつのクリアーすべき基準強度となります。もちろん、たわみ方向の剛性も充分に検討します。 しかし、これを聞いて「こんな箇所に5トンもの力がかかるわけないじゃないか」と思われる方も多いと思いますが、たしかにマトモに5トンもの力がかかることはありません。問題なのは「くり返し応力」なのです。 たとえば、1トン程度の力でも何百回、何千回とくり返し力がかかると局部的に応力が集中し「金属疲労」で破損してしまうのです。そのための「余裕」として5トン程度の余力が必要というわけなのです。 専門的にはこの「何千回、何万回のくり返し応力で破損する力」のことを「バウンダリー値」と呼びます。通常は1千万回同じ力をかけても壊れなければその部品は「永久に壊れない」と言われています。

ただし「ラテラルロッドは強ければ強いほどいいというわけではない」

純正ラテラルロッドもハードなオフロード走行では曲がったりすることがありますが、これはわざと大きな力がかかったときに曲がることで過大な力がフレームを歪ませないように、そこで力を逃がしているのです。なので、サスペンションアームなどもそうですが「純正は弱くてすぐに曲がっちゃうから」と単純に強化品にするのは感心しません。 たとえばAPIOのラテラルロッドは「純正の2倍の強度!」などと宣伝していますが、あまりに強くしすぎるのも考えものなのです。

自動車メーカーはちゃんと外部からかかった過大な力をどこで吸収するかを考えて造っているのですから。 大切なフレームを守るために、わざとアームやロッドを弱くして、言わばヒューズの役目をさせているのです。ですので、社外のラテラルロッドも「強すぎず、弱すぎず」のバランスが大切なのです。 過大な力がかかったときに「曲がる」ことで力を吸収する設計なら安全ですが、溶接部から「折れる」なんて粗悪製品は危険で最悪、とんでもない話です。

さらに重要なのは使用されている「ピロボールロッドエンドベアリング」

市販の社外のラテラルロッドを見ているとコストダウン重視のためか、明らかに強度不足で安物のロッドエンド(ピロボール/スフェリカルベアリング)を使っている製品が目立ちます。 前述したように、純正ラテラルロッドのもっとも弱い部分でも最低5トン程度の強度は確保しなければならないわけですから、安物のピロボールではとても強度が足りません。 よく「国産ピロボール使用」などと書かれている宣伝文句を見ますが、国産でもTHKとかIKOなどの安物では強度不足です。 国産のピロボールならなんでも良いわけではないのです。 詳細は後述しますが、日本製でも本当に信頼できる高品質、高性能なピロボールは「NMB(ミネベア)」社製品だけです。

↑とあるメーカーのラテラルロッドのピロボール。これは16mmサイズのピロボールですが、2ピース構造の簡易な安物で、破断強度はわずか3トン程度しかありません。つまり「純正部品の半分の強度しかない」のです。 残念ながら、世の中で売られている社外品ラテラルロッドの大半はこのようないい加減な製品ばかりです。 こんな製品を使っているとすぐにガタが出ますし、最悪はピロボールのネジ部が折れてしまいます。 非常に危険なので使うべきではありません。 そして安物のピロボールのラテラルロッドを使ってる人に限って「ピロはすぐにガタが出る」なんて文句を言ってるのですから笑えます。こういう人は本当に良いピロボールを知らないだけです。 一般に販売されているピロボールロッドエンドはあくまでも「一般産業機械用の汎用品」であって自動車のサスペンションに用いるには強度不足です。 それに対して本当に良いピロボールロッドエンドは「航空機用、軍事産業用」としてまったく桁違いの高い強度と高い品質で製造されているのです。実際、私のような本物のレーシングカーのパーツを製作している世界では以降で説明する本当に性能に優れた「本物のピロボール」を使っている人ばかりなので「ピロはすぐガタになるから…」なんて言う人はいませんよ。

ただ、レース用ではクラッシュ時にフレーム(モノコック)を守るためにわざと破断強度をギリギリまで落とすためにあえてワンサイズ下のロッドエンドを選択することはあります。ただしこれは「1レースだけ持てばいい」ということが前提でのものですので、ストリート用では充分に強度に余裕のあるサイズのピロボールロッドエンドを選択する必要があります。

本当に信頼できるピロボールは「NMB製3ピースロッドエンドだけ」

↑私が使っているピロボールはNMB製HRT16Eです。 本当に強度を求めたらこのNMB製の3ピース構造のロッドエンドしか選択肢はありません。 このHRT16Eはボールの材質にステンレスSUS440C焼き入れ材、ボディにはクロモリSCM435熱処理材を使用していて、破断強度はなんと12.7トンもあり、他の安物ピロボールの3倍から4倍の強度を誇ります。もちろん、純正部品のラテラルロッドの強度を充分満たし、なお余りある強度を誇ります。 ですので、社外品の強化ラテラルロッドを選ぶ基準は「ピロボールにNMB製3ピースロッドエンドが使用されているかどうか」が重要です。

実際、私のJA22ジムニーでも、このピロボールのラテラルロッドを使ってもう10年以上経ちますが、ノーメンテナンスでも全くガタは出ておりません。 ただ、注意していただきたいのは、同じNMB製ロッドエンドでも、2ピース構造の廉価版である「RBTシリーズ」は強度的に不足していますので、「NMB製ピロボールだからすべてが安心というわけではないことを注意してください」。信頼できるのはNMB社製品の中でもHRTシリーズおよびHRHTシリーズのロッドエンドだけです。 このシリーズのロッドエンドは米軍用規格(いわゆるミルスペック)を満たす世界でも数少ない最高級ピロボールロッドエンドです。

本当に信頼性のあるピロボールロッドエンドを製造しているのは世界でもNMB(ミネベア)だけと言っていいです。 THKだのIKOだのの安物の強度不足なピロボールとは強度、精度、品質がまったく違います。そのぶん、価格も他社製品と比べると「目玉が飛び出るほど高い」ですが、「本物」を求めるのなら必要な出費と考えるべきです。 このラテラルロッドに使うサイズ(16mmから18mm)で、1個2000円や3000円程度で買えるような安物のピロボールロッドエンドではオモチャ同然でまったくハナシになりません。使うならやはり「本物」を使うべきです。

ピロボールは「無給油タイプのほうが良い」

上記で挙げたNMBのHRTシリーズは摺動面にテフロンライナーを使った「無給油式」です。

レーシングマシンなどではこれが常識です。ですがジムニー用のピロボールラテラルロッドではなぜか給油式のピロボールを使ったものが多いようですが、給油式はすぐに砂やゴミがボールとライナーの間に入り、摩耗させてガタになってしまいます。 中にはピロボールにゴムブーツ、ダストブーツを被せてある製品もありますが、これも完全密閉ではないため、所詮は気休め程度でしかありません。

仮に外部から砂が入らなくてもブッシュ自体の素材が摩耗してそれが原因でガタを発生させてしまうので、いずれにしても給油タイプのピロボールはガタが来るのが早く、これが原因でジムニーの持病であるハンドルジャダーやハンドルシミーの原因にも繋がっていきます。 そもそも、給油タイプのピロボールは新品時からすでにガタ(クリアランス)がありますからね。 対して、無給油タイプのピロボールは、もともと与圧(プリロード)がかけられておりガタがなく、ほとんどゴミの入る隙間がないため、摩耗に強く、ガタになりにくいのです。

ですので、私は使うのならNMB社製のHRT(HRT-E)シリーズのロッドエンドをオススメするのです。

ウレタンブッシュ型ラテラルロッドの問題点

ジムニー用のラテラルロッドには、ピロボールタイプの他に、ウレタンブッシュを用いたタイプもありますが、私はこのタイプは正直あまりオススメはしません。

ウレタン樹脂は加工しやすく、初期の弾力はあるものの、ゴムと違ってすぐに弾力を失い変形したり潰れたり、摩耗も早く、また、水分と反応し加水分解して素材が短期間で劣化するなど、正直、安いだけで耐久性が乏しく良いところはひとつもありません。

↑ウレタンブッシュのロッドエンドは製作する側は安くて楽なのですが、実用性においては「消耗品」と割り切る必要があります。 通常、1年も使えばもう初期の弾力はなく、ガタガタになってしまうでしょう。これならまだ強化ゴムブッシュ(ラバーブッシュ)のほうがずっとマシというものです。

あと、中には「片ピロ、片ブッシュ」タイプのラテラルロッドも多いようですが、私には何のメリットがあるのかまったく理解不能です。 単に剛性と衝撃吸収性を両立したいのなら、両側強化ゴムブッシュ製にしてしまったほうがジャダーの発生も抑えられるというものです。

↑片ピロボール、片ウレタンブッシュのラテラルロッド。 耐久性のないウレタンブッシュと安物のピロボールという最悪の組み合わせですね。 本当に、安物の低品質なラテラルロッドにはうんざりさせられます。 そのくせ、見た目だけは立派で「ピカピカのステンレス製」なのですから。

「見てくれ」な部分でなく、本当に機能上重要な部分にお金をかけて真面目に、質実剛健に造っていただきたいものです。

アフターパーツのラテラルロッドを製造、販売している業者様へのお願い

冒頭にも書きましたが、ジムニーでほんとに最近「街中で普通に走っていていきなり社外ラテラルロッドのロッドエンド部や溶接部が折れた」という相談が来て驚いています。 これは一歩間違えれば大事故に繋がる危険なことなのは誰でも分かると思います。 いちおう、現在の車検の法律上では「サスペンションアーム類および操舵関係は強度計算書が必要ですが、補助リンク、補助ロッドの類はとくに書類は必要ないことになっています」。つまり、ラテラルロッドは車検上「フリーパス」となっているのですが、それをいいことにこのような低品質で危険な製品が多くなり、走行中に破損、ましてや大事故につながったりすれば、こうしたリンクやロッド類にも強度計算書が必要になってくる可能性があり、業界自ら「自分達で自分の首を絞める」結果につながっていくだけです。 ですので、ぜひともパーツ製造業者様には「とにかく安く作って多く売れればいい」なんて自分勝手な甘い考えはせず、きちんとユーザーのことを第一に考えて「安全意識」をもって製品を作ることを心掛け、きちんと強度計算や破壊試験をした設計製作をし、いい加減な製品を作って売るのはやめてください。ユーザーが危険なだけでなく業界全体の信頼の失墜、迷惑になります!

また、ユーザーの皆様も安全第一で考えヤフオクなどで売られている「粗悪な安物ラテラルロッド」は購入しないようにしてください。 ご自身と周囲の安全のためにも、多少高くても信頼性のある製品を選んでください。 ジムニーという車は「オモチャ感覚」で弄る人が多いようですが、クルマは決してオモチャじゃありません。ひとたび事故を起こせば殺人ができる「走る凶器」なのですから。