元祖・スマートモビリティ、光岡自動車「BUBU501」のディープな世界

最近は「スマートモビリティ」と呼ばれる近未来的な超小型自動車が注目を集めていますが、このスマートモビリティ文化の礎となっているのが、実は1980年代前半の原付ミニカー・マイクロカーブームなのだとか。

当時、50ccエンジンで駆動する個性豊かな一人乗り自動車が一大ブームとなりました。中でもユニークな自動車作りに定評のある光岡自動車の「BUBU501」には根強いファンが多くディープな世界となっているのです。

というわけで今回は、原付ミニカーBUBU501のオーナーでもある筆者が、その魅力とカルチャー、そして最新事情を調査してまいりました。

お話を伺うのは、原付ミニカーを含む特殊車両の修理やカスタムを手がけている、カーショップ「AToRiKA521」の若尾祐基店長。

▲こちら現在製作中のカスタムスーパーカブ!コンクール出品用なんだそうです

さっそくなのですが、原付ミニカーについて教えてください。

若尾氏:「原付ミニカー」は、市販されている原付(原動機付自転車)のエンジンを利用した一人乗りの自動車のことです。原付とは違って車のように風雨がしのげる密閉式キャビンを備えており、開閉する固定扉で出入りできます。こういった車は現行法だと作れないため、中古車市場が活気づいているんですよ。

魅力はどのあたりにあるのですか?

若尾氏:なんといっても「可愛さ」と「レトロさ」でしょうか。そして、“昭和の遺産”ともいえる独特な雰囲気がいいですね。どことなく全てが欠陥車みたいな楽しさも親しまれる要因ですが、実は日本のものづくりクオリティが随所に詰め込まれているのが魅力的です。

中でもBUBU501は3輪でありながら安定性が良く、ルックスもレトロフューチャー的で根強いファンが多いですよ。

どんな点にその技術力を感じられますか?

若尾氏:まずは「FRP(繊維強化プラスチック)成形技術」の高さですね。海外輸入をすることもあるのですが、海外のものは国内で作られたものに比べてベコベコでぶ厚いボディーだったりします。

機関部分も、なるべくオリジナルパーツを使うためにさまざまなアイデアが盛り込まれているので今同じものを発注したりすると、かなり高額になると思うのですよ。

そういう製作者のこだわりを見つけると嬉しくなっちゃいますね。

▲室内空間は広くバイクというより車に近い

やはり現在のスマートモビリティに繋がるものを感じますね。このスマートモビリティと原付ミニカーのカルチャーが今後重なりそうな部分なんてありますか?

若尾氏:はい、シンクロしそうな流れは感じますね。

原付エンジンのクランクシャフト部分にスッポリ収まるモーターとガソリンタンクサイズの高性能な軽量バッテリーをキット化しようと試みているメーカーがあるので、

これが安価になってくれば不動車になっていた各地のBUBU501が新たに動き出すことになるかもしれません。

▲やたらと大容量なサイドポケット

それでは最後になりますが、そんな原付ミニカーを長く可愛がるコツがあったら教えてください。

若尾氏:見落としがちなボディーの下もしっかり見てあげてください。

車体が重いのでVベルトやウエイトローラー、クラッチなんかの減りが早いことがあります。あとは車重の関係上ブレーキが甘くなりがちなので、ブレーキの効き始めポイントをご自身に合わせてみると良いかと思います。

ありがとうございました!

ヤフオク!などでは15~30万円程度で取引されている可愛らしい原付ミニカー「BUBU501」。

維持費も安く注目度もバツグンなこの超小型車を、いち早くスマートモビリティとして取り入れてみるのはいかがですか?